山菜パーティー

2014年05月12日 10:00

こんにちは、三郷町ふるさと活性化協力隊員のmeganeです。

 

今日三郷町は少々曇り空です。室内にいるとまだまだ寒く、上着を着てヒーターなしでしばらく頑張っていましたが鼻水が止まらなくなりついエアコンのリモコンに手がのびてしまいました。季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆様お気をつけください。

 

10日(土曜日)に椋実地区にある「あんじゃないの家」で山菜パーティーが行われました。昨年の改修工事の講座生8名とスタッフ8名が集い、春の恵みを楽しみながらこれまでの改修工事の成果を拝見していただきました。久しぶりの再会の方もおられましたが、皆様お元気そうで何よりです。

 

午前中はあんじゃないの家付近や裏山に入り山菜取りに励みました。山菜に詳しい方とそうでない方(私はこちら)が「これは何?」「これ食べれますか?」といったような質問と回答を繰り返しながら食べれそうなものを各自摘んでいきました。どうやら新芽は何でも天ぷらにすれば食べれる(!?)と教わりましたが、胃の弱い私にとってそれはとてつもない冒険でした。先日ニュースでニラと間違い有毒植物のスイセンを食べて食中毒をおこした事件があったので尚更用心!

 

下:井戸の近くに生えている山ウドの説明。

 

下:裏山はあいにく北を向いており、あまり太陽を浴びてない山菜はほとんど見つからず。でも大きな岩が受講生たちの幼少時代の思い出に花を咲かせたようでオジサマ方はとてもイキイキしていました。

 

下:集めてきた山菜の数々。イタドリ、たんぽぽ、みつば、ユキノシタ、よもぎ、なんとかエンドウ、コゴミ、山椒の葉、梅の葉、わらび等。多くは近くに流れる川沿いで見つけたそうです。他にもわからない葉っぱが沢山机の上に並びました。こんなにも食べれるものが野生で生えていたとは!

 

左下:コシアブラをTさんが家から持参していてくれました。

右下:山菜取りの後はたけのこ掘りに挑戦。近所に住むNさんの裏山には孟宗竹がツクツクと育っていました。

 

下:自然が作る幾学的な美は芸術そのものですね

 

下:天ぷら揚げの様子です。たけのこは薄く切って素揚げしました。たけのこの甘さと美味しさにびっくりしました。

 

左・右下:山菜以外に名古屋在住のT夫妻が新鮮なほたてと白エビを持ってきてくれました。天ぷらでも生でも美味しくいただきました。天ぷらはできたてほやほやが一番おいしいので皆さんお鍋の周りで立食です。

 

下:山菜取りや天ぷら揚げをしている間、スタッフの方々がたけのこご飯や漬物、たけのこの煮つけ、山ウドの酢味噌和え、地元産の豆腐などを用意してくれました。すべて美味しくてお箸がとまりませんでした!

 

下:食後のエンターテイメントとして講座生のUさんがマジックショーを披露してくれました。駆け出しのマジシャンということでご愛嬌たっぷり、笑いが絶えないショーでしたがこれからの成長が楽しみです。Uさんありがとうございました!

 

おまけ:ショーの下ごしらえをしているマジシャン

 

 

http://youtu.be/L8zEUxhi1Go

 

久しぶりに楽しい仲間と集い、美味しい料理を囲みながら気持ちの良い春日和を過ごせました。山菜パーティー、大成功でした。

—————

戻る